スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

供養と功徳 

母の七七日法要を行った。
前々日に親戚のおじさんが亡くなり、来ていただく予定だった他の親戚の方がお通夜に行かれたため家族水入らずの七七日法要となった。
人数が少なくなってしまったのでせめてしっかりとお経をあげようと思い大きな声でお経をあげた。お寺さんは1時間みっちりと力強くリズミカルな木しょうを叩きながらお経をあげてくださった。
説法で、修行した僧侶だけがお経をあげればよいと考えるのではなく、2人3人・・・と一緒にお経をあげるのが亡くなった方の供養になりお経をあげる人の功徳になるのですよというお話をしてくださった。
今回の法要は6人だったけど大きな声でお経をあげたので供養にもなったし功徳にもなっただろう。
良い法要だった。
それから、お寺さんにとても叩き易い木しょうだったこと独特の訓読みのリズムのお経なのに上手だったと褒められた。
IMG_2579_20090131.jpg
スポンサーサイト
[ 2009/01/31 23:45 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

パスタらんち 

姉と実家の大掃除をしたあと、父を含め3人で地元のイタリアンへ。
1800円だったかな...。
クリームパスタの具は鶏肉で臭みがあった。シーチキンにしてくれっ。
田舎でこの味でこの値段じゃリピートしない。


IMG_2574_20090130.jpg
IMG_2576_20090130.jpg
[ 2009/01/30 23:12 ] | TB(0) | CM(0)

ミソ煮込みうーdon 

せっかく名古屋に行ったのだからザ名古屋というものを食べようと思い、山○屋本店で味噌煮込みうどんを食べた。
店内はビジネスマン風のお客さんが8名ほど。お昼時だと行列ができるらしいがラッキーなことにがらがらだった。
頼んだのは一番安い普通の煮込みうどん1260円。漬物はおかわり自由。汁がとんで汚れないように前掛けのサービスがあった。
味はというと、同じく名古屋名物のヤバトンに通じるものがあって濃ゆいミソで旨みを消しちゃっている感じ。名古屋人はミソ好きだなぁ~。
麺は極太のアルデンテで最初はぎょっとしたけどこれはこれで煮込みうどんには合っている気がする。
話のネタには食べたいけど美味しい~ってもんじゃないね。

店内には太い木が斜めにどーんと。
IMG_2569_20090129.jpg
駅前。
IMG_2560_20090129.jpg
[ 2009/01/29 23:56 ] | TB(0) | CM(0)

印象日の出展 

mone_20090129.jpgパリのマルモッタンまで行ったというのにお目にかかれなかったモネの印象日の出が日本に来ているというので、帰省途中に名古屋に寄ってお目通しを図ってきた。
初めてみる印象日の出は、雑にさえ見えるほど勢いのよい筆使いで描かれていた。数10分で書き上げたらしいのだから当然か。でも計算しつくされた構図で太陽の位置は16:9の黄金比と絶妙だし、太陽と海に写るオレンジ光が柔らかで好き。
奥の工場の煙突からもくもくと出る煙と右奥のクレーンはきっと新興産業の象徴として日の出と共に描かれているのだろう。(題名は日の出だけど本当は日の入りだと聞いたことがあるが。)
この頃にチューブ入り絵の具が作られるようになったため外で絵を描くことができるようになったのだそうで風景画がこの時代から大きく変革していくそう。
hokusai_20090129.jpgモネが浮世絵好きなのは有名だが印象日の出は北斎の武陽佃島からインスパイヤされた構図という説があるのだそう。舟が手前にあるのが同じというだけな気がするのだが。
印象日の出以外の作品の中では霧のロンドンを描いた絵が好きだった。水面に映る太陽の表現はモネならではで神々しくもある。

IMG_2549_20090129.jpg
IMG_2555_20090129.jpg
[ 2009/01/29 23:41 ] 美術 | TB(0) | CM(0)

zeppinカレー 

印鑑証明書をとるため4時過ぎに退社した。
区役所ってスタッフが多い。まぁそうじゃなきゃ、給付金みたいなのは処理できないんだろうけど。

連れがカレーを作ると言って4日前から玉ねぎと肉を買いこみ準備万端だったのに、このまま待っていてもカレーにありつけそうにないので自分で作ることにした。
玉ねぎ5個と薄切り牛肉600g。ルーはzeppin中辛。
泣きながら玉ねぎを刻んで、こげないようにじっくりと時間をかけて玉ねぎを炒めた。
作った日なのでまだなじんでないはずだけど初日からすでに美味しかった。明日が楽しみだ。
中辛じゃ辛味が物足りないが。

写真は2008年9月ルーブル。

[ 2009/01/27 23:24 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

価値論とウイルス 

テレビ。
ニッぽンの教養。愛と幻想の価値論
おおたさんが「鉛筆と紙だけあればよいと思っていた画家が成功して描いた絵が2億で売れる画家になったとしても、その画家にとっての価値はお金じゃなく自分の感動する絵を描くことだ」と言ったら、先生が「原点を忘れるなってことを言いたいんだよね。」と整然とまとめたのが印象的。先生っぽい。
「お金儲けの何が悪い」と村上さんは言ってしまった。思ってても口に出しちゃダメね。清貧を良きとする国民を敵にまわしてしまった。まさに。
お金出しても得られないものはある。太田さんはお金で買えるとしたらお笑いの才能が欲しいそうだ。

ニッぽンの教養。ウイルス その奇妙な生き方
菌は菌だけで生きることができるが、ウイルスは細胞に寄生しないと生きていけなくて、全ての生命が死滅したらウイルスもなくなる。
全てのインフルエンザウイルスは鴨が宿主で鴨には毒がないが他の生物に寄生したときに遺伝子コピーを間違えて変異して毒をもつことがある。コピーの間違いは起こりやすい。そういえばタミフルに耐性のあるウイルスが出てきたって最近のニュースであったなぁ。
ワクチンはウイルスから毒性を抜いたもの。形が同じなので抗体になりえる。
エボラ出血熱みたいな強毒は寄生生物を死なせちゃうんだからウイルスにとっては不本意。
全ての生命が死滅したら菌は生きていけるけどウイルスは無くなるってのもウイルスは潔くてよいとか
ウイルスと戦うのだなく仲良くしたいという言葉から、先生のウイルスへの愛情を感じる。

写真は2008年9月パリモンマルトル。

[ 2009/01/26 23:43 ] テレビ | TB(0) | CM(0)

酸味と甘みが印象的 

職場の女性スタッフさんから写真のク○スピードーナツを頂いた。
ハート型でバレンタインデーに向けての季節物のようだ。発売ほやほやの。
このお店のドーナツは2個目となるが、1個目も職場でお呼ばれしたもの。
1個目を食べた時はふわふわっとした食感に感動したが、今回のは酸味と甘みのあるストロベリートッピングが印象的で美味しかった。
でも、もうちょっと小さめの方が後味まで美味しいと思うのだが、それは歳をとった証拠か。

[ 2009/01/26 23:27 ] | TB(0) | CM(0)

押し寄せる認知症に不安がよぎる 

引出物を実家におくるために荷造りした。
送ったのは、引出物と母の4ツ切写真とL版写真3枚とL版写真立てと120枚の葬儀写真と姉向けスカート。
コンビニで送り状を書いている時に自宅番地が判らなくなった。認知症が始まっている現実を感じて落ち込むと同時に不安が押し寄せた。
どうしようと悩んでも答えはでないし脳トレは意味がないとこの前テレビでやってたのでどーんと構えているしかないのだが。

写真は2008年9月パリの果物屋。

[ 2009/01/25 23:06 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

加山展と織田展と 

六本木のFujiギャラリーを見た後に銀座まで歩いた。体が冷え切っているので運動不足解消のために歩いたのだけど結構疲れた。時間は30分位なんだけどなぁ~。
Nikon、Canon、を回った後、教文館でやっていた加山また造版画展と織田よしお展を見てきた。
加山展は、加山の他、東山かいい、片山くま子、藤田つぐじ、平山いく夫、千住ひろし、ユトリロ、・・・・錚々たる名前の方の版画が狭い場所にぎっしりと展示販売されていた。
加山の浴衣婦とくま子の富士と東山の青が印象的だった。
東山の版画は絵の外に烙印があれば東山亡き後の奥様監修のものだそうだ。
テーブルにおいてあった加山図録をぱらぱらっとみた。リンパ風の絵もあるようだ、加山の大きな絵を見に国立新美で開かれている加山展に行こう。



9階で行われていた加山展をみた後1階におりたらモンサンミシェルの版画の絵葉書が置いてあり4階でそれを描いた織田よしおさんの展示販売&サイン会があるというので見に行った。
モンサンミシェルはあいにくなかったが、世界各地の教会を描いた版画が20枚ほど展示されていた。
優しい絵ではあるけどインパクトがなくてとりたてて好きな絵ではなかった。オリジナリティがない絵は面白みがない。値段は40cmぐらいで4万~8万円ぐらいだった。


[ 2009/01/24 23:35 ] 美術 | TB(0) | CM(0)

カレーとミルクティー 

前回も行った六本木のカレー屋さんへ。
9種類のカレーの中からイカとエビ、バターチキン、マッシュルームとホーレン草、チキンのひき肉の4種類を選んだ。選んでみたら前回とほぼ同じ。

イカとエビは、エビのミソの味がして魚醤?の風味があり美味しい、バターチキンは甘みがあってバタ独特の香りある、マッシュルームとホーレン草はホーレン草の緑黒色で香辛料が効いていて汗しっとりになる、チキンのひき肉は塩味が強いのだけどこれも香辛料が効いている。
バターチキンは、これだけだと甘くてあきちゃうと思うし、チキンのひき肉だって、これだけだと塩が強くて嫌気がさすと思うのだけど、4種類それぞれ個性的な味なので相乗効果である。満足でした。

ミルクティーは、直前に飲んだ葛根湯の様なスパイスが浮いているインド式のミルクティーだった。



内装はこんな感じの高級感がある内装。
IMG_2520_20090124.jpg

[ 2009/01/24 23:33 ] | TB(0) | CM(0)

引出物おつかい 

法事の引出物を買いに銀座三越へ行った。
連れの親戚の法事の引出物だったこの店↓にすることに決めていたのだけど、銀座三越の中でここの店が一番美しい店構えだった。


選んだのは栗○下とふくみ天○ん。ふくみ天○んは初めて。
のしをしてからの包装なので10分ぐらい時間がかかったが、待っている間にもひっきりなしにお客が色々と買っていく。ギフトだけじゃなく個買いが意外にも多い。
自宅で美味しい和菓子と一緒にお茶するってちょっとした贅沢だな~。
[ 2009/01/24 23:06 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ファンデ2+紅2=1万余 

口紅が少なくなってきたので口紅2本とついでのファンデ2個を大人買いした。
といっても全部で1万円ちょい。ネットって安い。

[ 2009/01/22 23:59 ] 美・和 | TB(0) | CM(0)

ゆっくりすくわっととレッグまじっく 

首はネックウォーマー、手首はひじサポータ、足首はひざサポーターと、全身の○○首という名のつくところは温めて寝ているのに、のどが腫れてしまった。
今年は「水曜はフィットネスの日」と勝手に決めていたのだが、これ以上調子が悪くならないように今日はジムに行くのは止めといた。

sayonarametabo_20090121.jpgテレビ。ニッぽンの教養。さよならメタボ
常ににこにこしている先生だった。
太ももとかお尻とかの大きな筋肉を鍛えるのが効果的。太ももの筋肉を鍛えるには、ゆっくりとスクワットをすれば良い。ゆっくりするのが重要。筋肉を太くすれば運動してなくても1時間歩いているのと同じカロリー消費されようになる。
脳が体を動かすだけじゃなく、体を動かすことにより脳に刺激していることもある。
太極拳の達人は、動かなくても筋肉を鍛えることができているのかもしれない。


テレビ。ためしテがっテん。低カロリーダイエット。
正常体重肥満が多い。脳は糖分が不足すると飢餓に備える省エネスイッチを入れる。省エネスイッチが入ると、低体温、体のだるさ、低血圧・・・といった症状が出る。糖分は6割必要。
たんぱく質は2種類、野菜はたっぷり、炭水化物1種類、芋か果物、油やマヨはちょっと、という分量にすれば糖分が6割になるのだそうだ。食べる順序は汁物からにすると満腹感が得られ食べすぎない。

ダイエットは食事制限せずにできればそれに越したことない。
ゆっくりスクワットって会社の10時,3時の体操でやっていることだし、レッグまじっくも太ももによさげ。ゆっくりすくわっととレッグまじっくを日課にしてればメタボになることはないだろう。
[ 2009/01/21 23:03 ] テレビ | TB(0) | CM(0)

とめてくれるなおっかさん 

安田こう堂事件に対して、ドラマ仕立てのものとドキュメンタリのものを見て理解が深まりました。
最初は医学部生が登録医師制度に反対した運動を起こして、それを抑圧する時に無関係の学生を逮捕していたことが判り、全学部共に戦うということで全共闘が立ち上がり、東京帝国主ぎ大学と化していくことへの抗議だった。同時に他の大学でも大学経営不正が判り大学を超えて学生が立ち上がったみたいな感じ。違うかな?

ドキュメンタリでは、地域医療充実のために尽力していった方や、さんやを居所にする方や、3里塚で戦った方や、地元に戻り子供のために生きている方などからお話を聞いていた。
今も自問し続けている方と昔のことを面白おかしく話す方と思い出したくない方と色々だった。

そういえば、東だい生のノートは美しい。と思うシーンがあった。


[ 2009/01/20 23:26 ] テレビ | TB(0) | CM(0)

写真注文 

月末の法事に備えて、葬儀の写真をプリントアウトした。プリントアウトしたといってもネットで注文したので後は待つだけ。楽チンだし安い。
120枚送料込みで1440円。フジ純正の紙なので一枚12円だけどフジ純正の紙でなければ一枚6円台のところもあるようである。
120枚入りの写真ホルダを使う予定で枚数を絞って注文したことに対して連れにGoodJob!と褒められた。(ホルダに入れるのは連れ担当なので。)
姉には葬儀のときに写真を撮るのは好ましくないんじゃないのと眉をしかめられていたのだけど、親戚一同集まるのは慶弔時だけなので記録用として撮っておいて良かったと思う。法事のときにみんなに見てもらえばきっと亡き母も喜ぶだろう。
ちょっと残念なのは、ストロボ無しで撮っているので若干ぶれて暗い写真になってしまっていること。しかたないけど。


[ 2009/01/19 23:08 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

不幸顔 

山田ゆ○さんは、元モデルのママさんから口角が下がってると不幸顔になると言われて、小さい時から割り箸をくわえて口角を上げるトレーニングをしていたそうだ。
美人はもともと素材が良いってだけじゃなく努力もしてるんだ。
私は素材が悪いのに努力もしてなかった。
[ 2009/01/18 22:57 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

名窯の作品 

テレビ。
NHKアーカイブ「新日本紀行の柿右衛門の窯」を見た。
14代400年の歴史がある柿右衛門窯は、代々の当主が柿右衛門の名を継ぎ、全ての絵柄は柿右衛門が決め色づけは職人が行うという形をとり、40歳の息子の仕事に満足できない14代と、将来人間国宝の14代の後を継ぎ圧倒的な経験と技術力を持つ職人を率いなければならない息子の修練の姿を放送していた。

濁手(にごしで)という地色が乳白色の焼き物が高級品だそうで、濁手の色付けは職人の中でも選ばれた人が行っていて、30年前の放送の時にも今回の放送の時にも野○信子さんという方が行っていた。
細い枝でも太い幹でも、大きな筆にたっぷりと色を含ませて自在に色付けしていた。

写真展をやっていたら見るつもりで立ち寄った銀座WAKOのギャラリーで日本陶磁協会賞受賞作家展というのをやっていて、柿右衛門のも展示があったから見てきた。

柿右衛門の作品展示は1つだけだったが、まさにテレビでみたばかりの濁手だった。テレビで見た時に思っていたよりももっと黄色がかった乳白色だった。

絵柄は、14代が息子に「同じ梅の花を並べない方が良い」とダメ出ししてたけど、同じ大きさと色の梅があるよと突っ込みをいれたりしつつ鑑賞した。
きっとこの色付けは野○信子さんだなと思ったり、作り手の顔が見えると作品が身近に感じられるし印象的になる。新日本紀行みててラッキーだった。


[ 2009/01/17 23:59 ] 美術 | TB(0) | CM(0)

ピザ食べ放題 

いつも行っているパスタ店にピザのメニューが登場した。メニューの追加は店が入っているビルの企画らしくて、他の店もメニューの看板が変わっていた。

ピザ食べ放題とドリンク一杯とサラダで1280円。
ピザは、最初に3枚でてきて、4枚目からは店員さんがサーブしてくれる。だけど、1枚ずつしか出てこないし間隔が空くので待ちぼうけがある。これはイタダケマセン。
店員さんは忙しくサーブし続けているのだけどね。

ピザは8種類ぐらいあったかな。10枚ほど食べてお腹いっぱいになった。ごちそうさま。今度はパスタでいいわ。





[ 2009/01/17 23:13 ] | TB(0) | CM(0)

ゆがんだ遠近法 

今年は「金曜はエンタメの日」と勝手に決めた。ということで金曜の今日はセザソヌ主義を横浜に見に行った。
セザソヌ主義というだけあって、セザソヌの絵だけでなく、セザソヌに影響を受けたというピカソ、ゴーギャン、マティス、モディリアーニ、ベルナール、ドニ、安井曾太郎、岸田劉生、森田恒友、佐伯祐三・・・・、多くの画家の絵が展示されていた。

AQU○S美術館でセザソヌを見た時には良さがよく判らなかったが、これだけ名のある画家が憧れ真似し消化しようとしたってことは凄い画家だったのだなと見直した。でもまだ良さは判らないのだが。

「自然を円筒形、球形、円錐によって扱い、すべてを遠近法のなかに入れなさい。」という有名な言葉を始めとして斜線で奥行きを曲線で量感を表したり色で遠近を表す試みなど、絵画に対する真摯な研究・取り組みをしていることに対する尊敬によるものも大きいのかもしれない。




岸田さんも安井さんも、ゆがんだ遠近法で描いていてセザソヌに影響を受けたことがわかる。
kishida_20090116.jpgyasui_20090116.jpg


[ 2009/01/16 23:18 ] 美術 | TB(0) | CM(0)

尿のヌー口ン 

寒くて部屋にいても凍えそうだ。

テレビ。
ニッぽンの教よう。アイハラ先生。「脳をツクル男」
カおスって混沌とした様子のことかと思っていたら、混沌として見えるけれども実は見方を変えると数式で表せたり法則があったりしているがある時点での値に誤差があるために予測不能になっているということを意味していたらしい。賢くなった。

あいはら先生は脳のニューろンを数式にしたそうだ。
先生の目的は生命のからくりを数学的にとくこと。心の問題は無理かもしれないけど無理だと決めるのは最初から放棄してることになるので、出来ないならなぜ出来ないのかを知りたい。と。

おおたさんと先生との掛け合いがめっちゃ面白かった。脳のニューろンを「尿のヌー口ン」って言ったのをしょぱなにして、先生が判りやすいようにと気温の例で説明されているのに判らないを連呼して二重振り子の方が判り易いと言ったらどんどん難しい数式がでてきて、出来の悪いコメディよりよっぽど笑えた。

写真は2008年9月。パリ。

[ 2009/01/15 23:59 ] テレビ | TB(0) | CM(0)

惹かれあうフタリ 

テレビ。NHK 男と女第一回「惹かれあうフタリ」
  • 異性を見るとき男と女は使う脳の部位が異なる。
  • 男は視覚を司る所を働かせ出産に適した体型かどうかをみている。腰のくびれがウエスト7:ヒップ10になっているのが理想形だそうだ。女は記憶を司るところを働かせ子育てに協力する男なのかの記憶をたどる。
  • 人は二足歩行になって骨盤の形が変わったことにより産道が狭くなり、狩りをするようになって栄養価が高くなったことにより脳が大きくなったため、未熟児で産むしかなくなった。そのため、女は子育てに協力的な男を求めるようになった。男は出産ができる女を求める。
  • つがいで子育てするのは動物の中でたったの3%。
  • 恋愛は18ケ月~3年しか継続しない。それは子育てが一段落する間に相当する。多様な種を残すために別の相手との恋愛をするようにできている。
  • 離婚は4年がピーク。
  • 男は表情から感情を読み取れないが女は読み取れる。
  • 狩猟生活する男には猟をする力は必要だが仲間の感情を読み取る力は必要なく、集団生活する女には協調性が必要で相手の感情を読み取る力が育った。
男は外で仕事、女は家で家事をするようにDNAに刷り込まれているってことだろうか。
でも、私の場合は仕事も家事もできないし、人の顔色ばかり伺っているのに感情を読み取ることができない。男でも女でも無いって感じか。

写真は2008年9月。凱旋門。


[ 2009/01/15 00:03 ] テレビ | TB(0) | CM(0)

大きく踊るつもりが単に遅れているだけ? 

今年は、「水曜日はフィットネスの日」と勝手に決めた。ということで、ジムに行った。
参加したのは、初級フィットネスサーキット60分と歩く脂肪燃焼エアロ50分。
先週のびのび踊る生徒さんにほれぼれしたので、今週は歩幅を広げ手を大きく振ることを心がけた。がしかし、大きく踊っているつもりなのになぜか他の人よりワンテンポ遅れる。
大きく踊るにはスピードも必要らしい。って今気づいた。

[ 2009/01/14 23:05 ] フィットネス | TB(0) | CM(0)

立ばなさんともりさん 

朝重いからだに鞭打って嫌々会社へ行く準備をしていると隣の部屋から連れの大イビキが聞こえてきた。いらっとしたので「イビキかかかないでよ。」と怒ったら寝返りを打った後にぴたりとイビキが止まった。この話を後で連れにしたら知らないと言っていた。気楽なもんだ。

テレビ。
ニッポンの教よう。
立ばな隆さんは19歳の時に海外に行くために反核活動代表の名刺を作り広島の国際会議で配りまくりイギリスの反核会議の招待状をゲットしたそうだ。それだけでも策士やなと関心してたのにさらに旅費捻出のために東大総長に直談判し読売新聞社社長を紹介してもらい独占記事を書くことで資金提供してもらいイギリスに行ったそうだ。戦略家であり行動力も伴っている。
そんな立ばなさんでも自分が大人だとなんとなく思えるようになったのは40歳を過ぎてからだそう。私は死ぬまで子供で良いかっ。

テレビ。
スタジおパーク。もりくみ。
落ち込んだときの気分転換の仕方は、気分を書き出してみること。何があったのか、自分が悪かったこと、仕方ないこと、・・・・を書くことにより再認識する。あとは喜怒哀楽を我慢しないで思いっきり表現する。
料理は仕入れはするけど仕込みはしない。帰宅してから5分で作れるものをちゃちゃっと作って出してる間に、10分で作れるもの、30分で作るものを並行して作って出していく。自分ひとりで30人分だって作る。電子レンジやオーブンやトースターは6台ある。全部使うとブレーカーが落ちるので使うのは2台ずつ。塩・コショウ・柚子コショウ・・・、をテーブルに置いておき、塩加減や和風・洋風を自分の味にして食べてもらう。

2008年9月パリ モンマルトル。

[ 2009/01/13 23:59 ] テレビ | TB(0) | CM(0)

ナン食べ放題のカレー 

六本木のカレー屋さんでランチを食べた。この店は夕方でもランチメニューを食べることができる良心的なお店で。ナンは食べ放題でドリンク1杯ついていて、カレー2種類で1050円、カレー3種類で1300円である。
カレーは9種類(チキン、マトン、野菜、チキンのひき肉、豆、マッシュルームとホーレン草、バターチキン、チキンの辛口、イカとエビ)から選べる。

イカとエビは、エビのミソの味がして美味しい、バターチキンは甘みがあってバターの香りある、マッシュルームとホーレン草は香辛料た効いていて汗しっとりになる。あともう一個は何だったかなチキンの辛口だったかな。思い出しながらかいているので忘れてしまった。

ナンを追加注文してから出てくるまでは時間がかかるのが唯一の不満だけど、満席でない時間帯である4時のランチなので仕方ないか。

[ 2009/01/12 23:48 ] | TB(0) | CM(0)

圧倒される造形美 

fujiのギャラリーで日本の名建築の写真展を見た。
この企画は年末にNHKで再放送された夢の美じゅつ館「建ちく100選」の発展企画だそう。
代々木体育館、正福寺地蔵堂、投入堂、羽黒山三神合祭殿、東照宮、二条城、鳳凰堂、桂離宮、伊勢神宮、さざえ堂、閑谷学校、厳島神社、浄土堂の大きな写真が展示されていた。
特に東照宮の写真サイズは横4mぐらいあって圧倒された。あんな大きな写真は反則だ。迫力あり過ぎ。
投入堂は横からの写真だけじゃなく下からの写真もあってよくあんな危うい場所に建っているなと驚く。閑谷学校は凛とした静寂、浄土堂は神々しさ、さざえ堂は不思議、桂離宮は簡素な美しさが漂っていた。

2階ギャラリーでは美しい風景写真100人展というのをやっていた。
一枚一枚はとても美しい写真なのだけど富士山の写真が50枚以上続くと、お腹いっぱいになってしまってじっくり楽しむ気になれなかった。人が写っている写真が一枚だけ(たぶん)あってその写真にほっとした。写真も人恋しくなるのかな。
他の方から先生と呼ばれている方が来場されていた。レッサーパンダのような子供顔の方だったのだけど白○たしろう先生だったのかな。
[ 2009/01/12 23:45 ] 美術 | TB(0) | CM(0)

健康的な笑顔 

オーとサ口ンに行って来た。
Carr○zeriaのダンスステージがとても良かった。
楽しそうにノリノリで踊っているのを観ているとこちらまで楽しくなってくる。ただつっ立っているだけのモデルの生気のない笑いと比べるダンサーちゃん達の笑顔は健康的で生き生きしていて素敵だった。
踊りは腰で踊るものだと実感した。腰がヘナヘナしていていなくて、しなやかなんだけど強い芯がある感じ。あれ位踊れるようになるには何年位かかるんだろうか。もう40過ぎの今からじゃ遅いかな。




















[ 2009/01/11 23:10 ] イベント | TB(0) | CM(0)

社会の時計と自分の時計のずれ 

爆しょう問題のニっポンの教養。うえだ泰己。「体内とけいはいま何時?」
・脳の中にある基準時計と全身の体内時計は通信して時間を合わせている。
・体内時計は人それぞれ違う。
・喘息発作が起こりやすいのは午前4時、血中コレステロールが最も高いのは午後1時、体温血圧が最も高いのは午後4時。
・冬眠したい人も居るはず。冬になると日照時間が短くなりうつになり引きこもりになる人がいるが、引きこもりは冬眠の様なものかもしれない。社会の時間と自分の時間がずれたところに人間の不幸がある。
・自分の時間の社会の時間のずれが判れば冷静になれる。
・限界を知って衝撃を受け悩み前に進むよう努力した。
・みつばちまーやには蝶がとても楽しそうに見える。それは蝶が芋虫から変化した経験があって未来はとても面白いっていう確信をもっているからじゃないか。

哲学的な話に太田さんが食いついてくる。島田まさひとさんが男と遊ぶには哲学が必要といっていたのに通じる。

うえだ先生は、優しい語り口でイケメンで天才。こんな人とお近づきになりたい。

[ 2009/01/09 19:11 ] テレビ | TB(0) | CM(0)

一読えい劫その2 

Joyce_20090109.jpgこの番組の続き。

寂しい海を故郷を見ているようだとおっしゃる桜庭さんが
 ジョイスが描き続けたアイルランドダブリンへ、
男と遊ぶには哲学の本が必要とおっしゃる島田さんが
 カフカが描いた移民の国アメリカへ、
竹かごをつけた自転車に乗り冬の寒さが気持ち良いとおっしゃる山本さんが
 池波正太郎の世界へ、
パイロットを目指して挫折したとおっしゃる楡さんが
 蒼穹の昴の舞台である北京紫禁城へ、
旅をする。

桜庭さんの表現が面白かった。
ジョイスの部屋を見て ここは書かない作家を缶詰にする部屋のようだ、とか、
図書館を見て こんなに本があるのに読めないなんて悲しい とか、
ジョイス像を見て もっとよれよれだと思っていた とか。


魅力のある作家さん達なのに私はあカね空しか読んだことない。もっと本を読まないと。

[ 2009/01/09 10:18 ] テレビ | TB(0) | CM(0)

迷い 

昨夜なぜか眠れず睡眠不足で会社へ行った。
今は仕事が面白くなくてダメなスパイラルに入り込んでいる。自分に自信がなく迷ってばかりだ。
だから的確な指示もできない。
何で迷っているのかも良くわからなくなっている明日問題点を書き出してみようっと。

写真は2008年9月ルーブル。

[ 2009/01/08 22:22 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

水曜はフィットネス 

今年は、「水曜日はフィットネスの日」と勝手に決めた。ということで、久しぶりにジムに行った。
参加したのは、初級フィットネスサーキット60分と歩く脂肪燃焼エアロ50分。
フィットネスサーキットは、生徒が6人だけだった。広いスタジオで生徒がたった6人なのにこじんまりとしか動けなかった。鏡の中の私は、背は一番高いのに一歩一歩が他の人の8割ぐらいしかなくさぼっている様にしかみえない。情けない。
歩く脂肪燃焼エアロは、隣で踊る生徒さんがすらりとした手足をいっぱいに広げのびのびと動いていてほれぼれした。先生よりもノリノリな感じであんな風に踊れるようになりたいと思った。

写真は2009年9月のパリ ルイ○ィトン本店の前を歩くモデル風女子。
IMG_1495_20090107.jpg
[ 2009/01/07 23:52 ] フィットネス | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。