スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

異国の複雑な辛味と酸味と・・・ 

ビックカめラ6Fのタイレストランで、えび卵春雨炒め(980円)と豚挽き肉バジルご飯(1050円)とトムヤムクンヌードル(1100円)を食べた。
遅めの昼食だったためか店内は半分ぐらいの席が空いていた。2人用のテーブルだったのでコートを椅子の背もたれに掛けていたらコートと荷物を入れる籠を用意してくれて汚れ防止の布をかけてくれた。ちょっとした気配りが嬉しい。

お料理の方は、ムーガパオと春雨炒めは複雑な辛味と旨みが美味しかったし、トムヤムクンは異国食文化を感じられた。

春雨炒め。旨みのある塩と油が卵と春雨になじんでとても美味しかった。

豚挽肉ご飯。ナンプラーをかけて半熟目玉焼きを崩してご飯と豚肉を豪快にまぜまぜして食べた。こういうのは全部ぐちゃぐちゃに混ぜた方が絶対美味しい。辛いんだけど旨みもあってこちらも予想以上に美味しかった。ムーガパオという料理らしい。

トムヤムクンヌードル。パクチー嫌いなのにハーフじゃなくフルサイズを選んでしまった。ほとんどは連れの胃袋へ。
写真だと少なめに見えるかもしれないけど、パクチーともやしとフクロタケと生姜とレモングラスが全てたっぷり入っていて複雑な酸味と辛味になっていた。フォーもたっぷりあった。最初は美味しいと言っていた連れは最後には顔を真っ赤にして鼻のてっぺんから汗をたらし胃袋の中が地獄鍋だと言いながら食べていた。

スポンサーサイト
[ 2009/01/04 23:59 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akki.blog3.fc2.com/tb.php/1375-2aebe7a4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。