スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不幸続き 

富山在住の母方伯母の旦那さんの葬儀参列のため、姉と富山へ行った。
葬儀が13時からなので朝7時15分発の電車で12時に富山に着く予定にしていたが、湖西線陸橋強風のために米原経由となり30分遅延した。車掌さんが車内を何度も回っていたので1回目で電車乗り換え情報と切符の清算について確認し、2回目で富山駅で時間がかからないような清算方法をとってもらった。(車内では払い戻しができない。)

義兄が電車切符を用意してくれたのだが、早く到着できるようにと、金沢を境に特急券を2枚に分けて用意してくれていた。聞いたときにはありがたいと思ったが今調べてみると早く着くと言ってもたったの7分だったみたいで、7分早く着くために1600円高いってどうなんかな。まぁ、ほとんどが払い戻しになったのだし、無事葬儀にも参列できたんでどうでも良いのだけど。

電車が遅延しなければ控え室で親戚の方々に母の葬儀参列のお礼や七七日法要のご報告ができると思っていたが、簡単な挨拶しかできなくて残念だった。
いとこのお姉ちゃんが喪主として涙誘う挨拶をしていた。昔から生徒会長したり有名大学いったりとしっかり者のお姉ちゃんでさすがだなと感心した。
お経は僧侶2人であーうーうーあーとハモるようなお経でちょっと短め。あっという間に葬儀は終わってしまった。

焼き場と初七日は失礼することにしていたので、姉と30分ぐらいアフタヌーンティーでお茶をしてから帰宅した。


富山からの飛行機は左側の席だったのでアルプスはみえず、どこまでも雲海だった。



スポンサーサイト
[ 2009/02/01 23:15 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akki.blog3.fc2.com/tb.php/1414-3af6953b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。